当社は始終として品質最優先の体系を会社の経営方針として、品質は全プロセスを貫いています。2008年8月19日に大顕高木金型有限会社は正式にISO9001:2000品質管理体系認定証書を取得しました。大連大顕高木金型有限会社の品質管理体系は高く評価されて、当社の品質体系はもう一度全面的にレベルアップされました。当社はずっと積極的に機械製造企業の安全生産活動を展開し、2009年3月1日に大連市の安全生産標準化企業の認証を通じます。

 

 

スタッフ全員の活動:品質改善活動、コスト削減活動、納期短縮活動は全部実行中であります

 

経営方針としての品質最優先体系

·日本式の品質プロセス管理を導入TS(高木精工)品質標準

·品質はプロセスを貫いている

·工程内検査を徹底的に行う

·検査を徹底的に受け取り

·品質改善活動

  ①T1の時の合格率の向上

  ②工程内部不良の低減

  ③金型試作回数の減少

 

高効率化、低コスト化

·NC‥‥高精度高速輪郭制御、装置付、設備を導入(従来の機械効率より約2~3倍向上した)

·放電‥‥日本製最新機械を導入(従来の機械効率より約2~3倍向上した)

·加工条件、加工方法、ジグ、刃物の改善(従来の機械効率より約30%向上した)

·高運転率(機械)、低コスト化

·24時間運転体制

·予定コスト制度と原価管理を導入

·コスト削減活動の実行

 

 

会社内部情報の共有化
·生産計画、進度管理、注文状計画、販売計画、金型実際工数・コスト、加工指示など
·個別原価制度の導入
·DES(大顕高木ノウハウ)の構築
·通信環境(ネットワーク、電子メール、ローカルエリアネットワークなど)の配置
·日本語環境の改善
·日本語通訳10名
·日本語で電子メール、資料を伝送し、通信できる
·韓国語、英語にも対応可能
·PM活動(機械・設備の日常点検、定期点検、予防保全、事後保全など)